コンセプト

人が手で触る、感じる、知る、作る体験が急速に失われていく時代において、身の回りの素材である樹に触れ、ものを作ることへのきっかけ、ものを作ることでの気づき、ものを作るときの気持ちを、招待した30工房によって製作された椅子の展示と樹を削るワークショップにより体感する企画です。

素材となる木は、神戸の六甲山と、埼玉県の西部 三富(さんとめ)地域の雑木林で伐採された地域材です。地域材は種類が雑多で、数量も限られているため、木材としての流通経路がなく、その価値が見直される道の模索が続いています。身近な森や雑木林が整備されず、放置されている危機的状況を受けて、地域の問題と向き合い、木を生かす取り組みとして、作家が製作した椅子を展示します。

展示された椅子は触って座ることが出来、それぞれの椅子の材料となった樹が育った森のことや、作家の想いを感じていただけます。作り手と使い手が繋がり、地域材の活用例を通して、身近にある森の未来について考えるきっかけになればと思います。