​出展作品

素材となる木は、神戸の六甲山と、埼玉県西部 三富(さんとめ)地域、岐阜の飛騨で伐採された地域材です。
地域材は種類が雑多で、数量も限られているため、木材としての流通経路がなく、その価値が見直される道の模索が続いています。
身近な森や雑木林が整備されず、放置されている危機的状況を受けて、地域の問題と向き合い、木を生かす取り組みとして、作家が製作した椅子を展示しています。

飛騨材×木工家

画像をクリックすると詳細が表示されます。

 
六甲山材×木工家

Photo:Shouma Kohsai

画像をクリックすると詳細が表示されます。

 
三富材×木工家

Photo:Shouma Kohsai

画像をクリックすると詳細が表示されます。

 
入口オブジェ

Photo:Shouma Kohsai

画像をクリックすると詳細が表示されます。